move! move!

掌紋が細かいのは仕様

Jawboneから楽しそうなおもちゃが発売されたので年末にさくっと購入しました。リストバンド型のアクティビティトラッカーと違い邪魔にならないところにひっそりかけられるのが良いです。購入直後にアプリと端末の連携をしてPCでユーザ登録を完了させようとしたらリンク先のページがエラーでどうにもできず、システムエラー吐いたままクリスマス休暇かよアバウトアメリカンめと思いましたが、Webkit系のブラウザに変えたらすんなり登録できてMozilla非対応だったというオチ。購入早々Jawbone名物・不親切の洗礼を受けたものの、その後は面白く使ってます。

家好きだけどアクティブな一面も

端末ではその日の達成率を目盛で見られる程度なので詳細はアプリで確認します。トレーニング時は端末側でストップウォッチモードのON/OFFだけして、あとでアプリから項目と負荷を選択、その内容からMET値に基づく消費カロリーを算出する仕組みでアクティビティのカロリー計算はざっくりした感じ。1年前から使っているオムロンのカロリスキャンも併用していますが、こちらは端末で数値が確認できて細かい所作もトラッキングできるので日常の動作を細かくチェックしたい人はハイエンドモデルにするか親切な国内メーカーの活動量計を使った方が良さそう。睡眠管理はSleep Cycleアプリに近いですが端末を身につけて就寝しなければならず、とりあえずなかんじで袖にひっかけて寝ていたけど使い方動画を見たら正解っぽい。いまは睡眠ボタンを押す前に寝落ちしてしまうのが悩み。

健康系デバイスを数種使ってみて感じたのは、ひとつのデバイスですべてを管理するのは難しいということで、それを集約するのがHealthKit/Apple WatchだったりGoogle Fit/Android Wearだったりになるのだろうなー。自分はヘルスデバイスオタクにはなりたくないので必要以上に手を出そうとは考えていないけど、昨年導入した体組成計+専用アプリで筋肉量を上げながら身体を絞れたので、データに基づいて行う身体作りは自分に合っているのだと思います、はい(2)。