satolog

記録

game

Mar 21, 2020

P5Sをプレイ中。あまり目に優しくない絵面とカメラオート移動OFFにしても画面酔いしてしまい腰を据えてプレイできないのが難点。スタート時は攻撃ボタンの組み合わせの多さに混乱したものの、もういいわと開き直って弱点突きのペルソナが必要な強敵以外はドーンドーンと無双らしく物理で叩いて進めている。本編から半年後の夏休みのストーリーということも加味され大人たちへの反逆がテーマの本家P5よりも脚本がキャピキャピ青春満太郎で「お、おう…」となるところも少なくないが、無の心でセリフ送りボタンを押している。双葉のオタク口調がふるいのも気になるけどそこも無の心で…。

ハードコンタクトから使い捨てコンタクトレンズへ移行したことで水回りの小物配置が変わり、細々とやってるうちにあれもこれもとなって洗面・浴室の環境を再構築している。東和産業・山崎実業のアイテムをバカスカと購入。磁着よありがとう。大分前に化粧水のボトルを入れるのにちょうど良いと街の雑貨屋で購入したアルミバットのフォルムと勝手がよいので、それを追加購入して使い捨てコンタクトを入れようと店のサイトにメーカ等のヒントがないかアクセスしたら息子さんが巣立ったのを機にリタイアするとのことで年始に閉店していた。それなら自力で調べるわと大好きなインターネットに飛び込み15分、トラスコ中山の標準アルミバットだとわかった。そういえばあの店トラスコたくさんあったわ…トラスコ中山はいつでも最高。

Mar 5, 2020

十三機兵防衛圏をクリア。アトラス×ヴァニラウェアのタイトルだしヴィジュアルやPVを見てはは〜ん、ジュブナイルものですね!と始めたら壮大なハードSFだった。どさっと広げられたバラバラのエピソードがエンディングへ向けて集められていき、涙腺をついてくる演出とアフターサポート満点のエンディングで優勝です。このすっげえ脚本考えたの誰よォ〜いやヴァニラウェアのシナリオライターなんだけど誰よォ〜とクソデカ感情でコントローラを置いた。最初はあの子いいねえから始まり、最終的には全キャラを愛していた。もう機兵すらかわいい。みんな幸せになってくれ。あの曲入ってるからサントラも買ったよ!

追想編のシナリオはもちろん、崩壊編の戦闘パートも戦術や出撃メンバー構成を考えるのが楽しくて体感ではあっという間の戦闘も1戦15〜30分を要する時間泥棒だった。戦闘は最後の防衛より1つ前のWAVE3-10のほうが難しくて、まだここだけS判定が取れていない。作品の感想を述べようとするとほぼネタバレになってしまいそうで焼きそばパンと崩壊編の戦術くらいしか語れないのがはがゆいが、十三機兵はいいぞ…みんなやってくれ…。私はこれから十三機兵のオタクの熱量高いキャラ/ストーリー解説を掘るね…。


GoogleがGoogle Homeのときと同じく量販店向けのキャンペーンを打ちGoogle Nest Miniが月内45%OFFということで、すぐやる課はヨドバシへ走った。しかし十三機兵が盛り上がっていて封も開けず数日机に放置したままだ。週末に入れ替えと設定をしたい。

Feb 20, 2020

デス・ストランディングのクリアから数日後にペルソナ5 ザ・ロイヤルを再開し、昨晩クリアした。ブログ更新を放棄してのプレイ時間は安定の160時間だ。

ペルソナ5無印より遊びやすく、レベルも所持金もコープランクもスルスルと上がるものの、「や、やることが多い…」状態で無印初回プレイ時の倍近くプレイした結果となった。周回は1周目よりタスクが減るので進めやすくなるとは思うが、うしろに新作と積みゲーが控えているため周回&アワード埋めはまあそのうちということにしておく(やるとは言ってない)。

今後発売になる海外版P5RではLGBT表現方面で修正を行うらしいが、国内版でも当時は気にならなかった女子の容姿に関する会話やラッキースケベ的なシーンにおいて不勉強な私でも引っかかる部分があった。P5無印からP5R発売までの3年の間に世の中の考え方はかなり変わってきているので、無印のシーンもざくっと移行せず精査したうえでそのまま使うかアップデートする必要はあったのではないかと思う。

ストーリーも無印と重複する11/24まではまあまあダルくて、それがデスストのやりこみへ走った理由のひとつでもある。しかし、再開したらしたでやはり楽しいし、追加シナリオも満足できる内容だった。最近のAppleのリーク情報のように事前情報の内容でインターネットのひとたちが推測したストーリーを答え合わせしていくような流れになるのかと思っていたらそこはアトラスのゲーム、まあ突き放しますねユーザーを。でもそこが好き…。

大人目線で見ればもう一つのエンディングの方がハッピーエンドなのかもしれないけど、自分たちの居場所を求め、汚い大人どもに反逆しつつも信頼できる大人たちと出会ってサポートを受け、成長し巣立ってゆくというジュブナイルRPGとして見るならあのエンディングで良かったのかな。

と、気になる点もあったP5Rだが、今作は無印の主要スタッフはアドバイザー的な立場となり1世代下のスタッフたちがメインで作り上げたものだそうで、アクション操作であれこれ追加が入っていたのはそこかと。今後も今回の経験を糧にダンスゲーやP5Sのような派生タイトルで売上を支えつつ真・女神転生Ⅴの開発に力を注いでいただければ…。

休ゲーする間もなく本日はP5Sことペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(長い)の発売日。ゆうべクリア後に関連書やら設定資料集を読みふけってしまったので今日はもう寝ようぜ🐈🌀三。

Jan 2, 2020

元旦にデス・ストランディングをクリアした。発売日からプレイをはじめて2ヶ月かかった。クリア時のデータを見るのを忘れてしまったが、サブクエスト脱線上等で120時間くらいやっていたと思う。年始クリアを目指して年末10時間ぶっ続けプレイとか久しぶりにやったぞ。そろそろラストかなというところからが長いという先人たちのメッセージを受信しており、実際その通りだったので休暇中にクリアできて良かった。

ストーリーはどんでん返しもなく、地道に進めていくうちに勘の鈍い私でも先が読めるものだったがじゅうぶんすぎるほどの余韻に浸っている。登場人物もそれぞれ特殊な能力や境遇があるこそすれ驚異的なパワーを持っているわけではなく、主人公サムも道中弱音を吐いたり、自分を鼓舞したり、崖で怖がったりと完全無欠のヒーローではない。それぞれがお互いの弱いところを補い合って前に進むところに共感でき、とにかく人間臭いゲームだった。ラストの配達は号泣しながらコントローラを操作していたし、ここぞというときの音楽の使い方がずるい。あとハートマンの講義を聞くサムは後ろ姿しか見えなかったがたぶん寝ていたと思う。最後までラッコフードを愛用していたせいで数々の素晴らしいシーンをラッコフードで迎えてしまったがそれも良しだ。アクロニウムデザインのスーツとラッコフードが合うとは…それよりロックネのいちばんアクロニウムみある衣装が欲しいぞ!クソ高そうだがな!と言いたいことは止まらない。「棒」と「縄」の関係、しっかり受け止めましたぞ…!

ストーリーをクリアしてもやり残し要素を埋めるため北米大陸の配達は続くが(クリア後の世界でも配達可能)、余韻に浸りながらプレイヤーの考察を掘ったり小説版を読んだりしたい。P5Rの再開は2日後くらいに。


デスストをプレイしつつ小島秀夫監督のミーム本がKindle化されていたのでそれも入浴時に読み進めていて、紹介されていた作品の中で面白そうなものを見たり読んだりしている。今年もやることがたくさんあり、仕事より忙しい。

Nov 18, 2019

P5R、デス・ストランディング、リングフィット アドベンチャーをかけもちプレイしていたら11月下旬になっていた。月水金はP5R、火木土はデスストで日曜は両方やると決めるも、余暇が取れない日もありこのルールは早々に崩れた。その日の気分でどちらかをプレイすることにして、ジムがない日に22時からRFAをやることだけは崩さないようにしている。週数回のジムだけでは体力の維持が難しいなと思っていたところでかなり本気なトレーニングゲームが出てきたのは技術の進化に感謝だ。有酸素系のフィットボクシングも購入してやってみたが、おそらく運動習慣の無い人向けなのと左右交互に同じ動作の繰り返しが続くせいかおまかせ35分でも途中で飽きてしまう。RFAはトレーニングをうまくゲームに取り込んで飽きさせず、プレイヤーの体力に合わせた負荷調整、やり過ぎにならない程度のところでクールダウンを促す仕組みがよくできている。

ゲーム中はいちいちお茶をいれるのがめんどうなので800mlくらいをまとめて作って象印マホービンのステンレスポットに入れている。片手注ぎが可能なのとワンタッチで開栓できるのが良い。タンブラーも中が見えて食洗機対応のKINTOのTO GO TUMBLERに変えた。TO GO TUMBLERは仕事場用にも黒を購入した。キーボードに続き作業まわりの小物環境を仕事場と自宅でそろえる悪い病気がまた出ている。