satolog

記録

gadget

Sep 22, 2020

先日だいぶ前にクラウドファンディングで支援していたSwitchBotカーテンが届き、セッティングしたもののカーテンレールの途中で装置が止まってしまいまあクラファンなんて博打だしな!と舌打ちしながら片付けて放置。連休中に支援ページブログにユーザから寄せられた知見が溜まっていたのをチェックして、レール内の掃除とみんなだいすきクレ556をかけたら問題なく動いてズコー。調子にのって556をかけすぎたら装置のタイヤが空転したので拭き取り調整してセッティングを終えた。

SwitchBotはIFTTT連携可能なのでWeather Undergroundと連携させて日の出日の入時刻トリガーでカーテンの開閉をしようとIFTTTにログインしたら有料化の報せ。無料プランはアプレットの作成が3つまで。いまのところ登録しているアプレットが突然動かなくなることはなさそうだが遅かれ早かれデッドラインはやって来るわけで、有料プランを見るも月9.99ドル…。さすがに月額9.99ドルはないだろうがと思っていたら10/7まで最低1.99ドルから言い値でずっと使えますよキャンペーンをやっておりコスく月1.99ドルでプロアカウントにアップグレード。当初は初年限定価格だったらしいが世界中からクレームが寄せられ結局言い値で永年利用可能キャンペーンにしたらしい。なんとなく2年後くらいにやっぱり厳しいから価格上げます的なおたよりが来そうだが、代替サービスは見つからないし月200円払いつつプロアカウントでしばらく様子見。

カーテンの稼働は日の出/日の入前後のアプレット発火時間にムラがあるのと、日の入よりも先に部屋が暗くなってそれより前にカーテンを閉めたいのでSwitchBotアプリのスケジュール設定から季節毎に時間を設定して動かした方が良さそうという結論に。

と、連休中はガジェットの設定をしたり仕事まわりのお勉強を少しだけしたりPLAYISMの新作情報配信を見たり。PS5ローンチタイトルの脳筋ゲーGodFallが気になるがPS5は初期ロットを外して先にXbox Series Xを買いたい!Xboxで何するわけでもないけど!!!

あとコロナ禍だと外に出てどうこうよりも家の環境改善に目が向いてしまうので連休になると毎日AmazonをはじめとするECで何かしら注文してしまいますね!

Aug 8, 2020

気づいたらなんとなく夏になっているし、日は短くなっているし、夜はもう秋にさしかかったような空気だしなんなんだ今年は。軽く振り返っても仕事に追われていたことしか記憶にない。そのわりに身のまわりのガジェットを増やしたり新しくしたりしていた。服も手持ちのものがやれてきたのと似合わなくなりはじめてきたのでアップデートした。主に仕事場と自宅の往復、たまに電器屋徘徊くらいでどこにでかけるわけでもないのに金はしっかり出て行く。

24インチモニタでは目がしんどいと27インチ4Kモニタに新調したら初期不良にあたってしまった。販売店とメーカに問い合わせをしてどちらも返品/修理OKの連絡がつくも、今回は貸出機が出るメーカに修理をお願いすることにした。修理依頼を出して1営業日で貸出機が届き、2日半で修理が終わり、週末のタイムラグを入れても1週間で片付く爆速対応だった。修理期間に貸出機を出してくれるのはありがたい。サンキューEIZO。今回の件でインターネットに漂っているEIZOモニタ修理体験記等を参考にしたところFlexScanの修理記はあまりなく、みんなFORISがだいすきということがわかった。

そういえばAirPods Proの右側もよくある故障で交換したのだった。チャットサポートでAppleコミュニティにあった同現象のURLを先に投げて、ファームウェアや環境等の質問に答えて即交換対象になった。チャット終了後に申し込みのURLが届き、オンラインで手続をしたらその日のうちに交換品が発送された。故障品は交換品が入った封筒を開けて新品を取り出し、故障品をその封筒にポイッと入れてヤマトさんがそのまま持っていくというあっさりしたものだった。

さらにそういえばサブ充電として購入したAnkerの充電パッドも動作が怪しく、おなじ現象を経験した人のレビューがあったのでそのURLをつけてサポートに問い合わせたところ即交換品を送ってくれた。こちらも先に交換品が送られ、故障品は別送で郵送されてきたレターパック封筒に本体と添付品だけ入れてポスト投函で返送した。

今回のもろもろで初期不良はないほうがもちろん良いが、機械の精密度が上がっている都合で何かしらは当たってしまうだろうから、購入するときはアフターフォローの手厚さ、レスポンスのはやさ、手続に手間や精神的負担がかからないところを選ぼうという結論に至った。いままでAmazonで大物を買うことは避けてきたが、私の生活様式では先送り後返品がスタンダードなAmazonのほうが良いかもしれないと思い始めている。

May 4, 2020

4月上旬に勤務先リモートワークのルールが決まり、当番制でスタート…となるも翌週にはフルリモートになった。しかし、リモートになったらなったで繁忙期と感染症の影響によるもろもろのサポートで業務量が増え、平時より机に貼り付いている時間が増えた。昼休みにスーパーの買い出しや散歩等で気分転換はしているが、もう少しサボる時間を取らないと延々と仕事してしまう。これは良くない。良くないぞ。

ゲーム進捗はP5Sを既にクリアして、PS2に戻り『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団』をプレイ中。既プレイ勢がP5Sはライドウと言っていたが、たしかにアクションがP5Sに似ていて偶然にも良い流れで入り込めた。が、2006年のアトラスゲーにはP5Sのようにアクションが苦手なユーザへのご配慮はない。PS2の操作性の悪さと判定の厳しさでゴリ押しプレイではすぐに行き詰まるから、戦闘中はステータスに気を配りどの仲魔を使役するか、指示をどう出して動くかを数分のアクション内で考えて進めなければならない。頭が疲れて長時間のプレイは難しいので少しずつダラダラと進めている。頭を使うゲームは面白いよね。疲れるけど。ライドウの合間に積み上がってゆく一方のインディーズゲーをチェイサー的にやるのも良いかもナー。

そして1年程まえに購入したPS2用の中華ワイヤレスコントローラが保証切れを迎えた途端に電池まわりの基板がヤレたのか挙動が怪しくなった。おまけに光デジタルケーブルでテレビに繋いでいた同時期購入のBluetoothトランスミッターも途切れるように。さすが謎メーカー、こういうところはしっかりしている。ということですぐやる課は新ガジェットを求めAmazonへ向かうも、現行の中華コンやトランスミッターの後継機は評価が怪しく、安物買いのなんとかになりそうだなとちょっと奮発してDUALSHOCK 4を接続できるコンバータを買った(ヨドバシポイントで)。トランスミッターも後継機がタイムセールにかかっていたが、サクラ評価がなさそうなものを購入。コンバータはPSクラシックでも使えるので、ライドウが終わったら動作確認だけして放置しているPSクラシックを開梱したい。トランスミッターは物流が混雑している都合で届くのは少し先だが、急ぐものでもないので途切れがちな現トランスミッターにキレながら待とうと思う。

Mar 5, 2020

十三機兵防衛圏をクリア。アトラス×ヴァニラウェアのタイトルだしヴィジュアルやPVを見てはは〜ん、ジュブナイルものですね!と始めたら壮大なハードSFだった。どさっと広げられたバラバラのエピソードがエンディングへ向けて集められていき、涙腺をついてくる演出とアフターサポート満点のエンディングで優勝です。このすっげえ脚本考えたの誰よォ〜いやヴァニラウェアのシナリオライターなんだけど誰よォ〜とクソデカ感情でコントローラを置いた。最初はあの子いいねえから始まり、最終的には全キャラを愛していた。もう機兵すらかわいい。みんな幸せになってくれ。あの曲入ってるからサントラも買ったよ!

追想編のシナリオはもちろん、崩壊編の戦闘パートも戦術や出撃メンバー構成を考えるのが楽しくて体感ではあっという間の戦闘も1戦15〜30分を要する時間泥棒だった。戦闘は最後の防衛より1つ前のWAVE3-10のほうが難しくて、まだここだけS判定が取れていない。作品の感想を述べようとするとほぼネタバレになってしまいそうで焼きそばパンと崩壊編の戦術くらいしか語れないのがはがゆいが、十三機兵はいいぞ…みんなやってくれ…。私はこれから十三機兵のオタクの熱量高いキャラ/ストーリー解説を掘るね…。


GoogleがGoogle Homeのときと同じく量販店向けのキャンペーンを打ちGoogle Nest Miniが月内45%OFFということで、すぐやる課はヨドバシへ走った。しかし十三機兵が盛り上がっていて封も開けず数日机に放置したままだ。週末に入れ替えと設定をしたい。

Jan 19, 2020

デス・ストランディングのやりこみも先週末に終え、P5Rに戻ろうとするも気持ちがデスストのままでゆうべまで再開できなかった。その間は正月休みに読むはずだった図書館から借りた本や小説版デスストを読んでいた。小説版はスルーされてしまった拠点やキャラクターもいるが原作では語られなかった職員たちの背景もしっかり描かれていてまたお風呂Kindleが長湯に…結局ゲームをお休みしている間も目の休まる暇はなかった。図書館で借りた本は続編もあるようなのでP5Rと十三機兵防衛圏が落ち着いたら読もう。P5Rは再開するまでダルいなと思っていたのにいざ再開すると面白いな、アトラスめ…。

お正月にAppleのオンライン初売りでiPad Proを購入した際に手持ちのiPad Air 2をApple Trade Inに出した。初売り特典でもらったApple StoreギフトカードとTrade Inで発行される買取価格分のギフトカードでカバーとPencil 2を買おうと思っていたら、商品購入と同時申し込みのTrade Inは購入時の支払い方法(=クレジットカード請求)で返金されるとのしらせ。今月はギフトカード分でカバーだけ購入することに。iPad Proは風呂蓋ではなくフォリオカバーしかないことを購入時に知る。