Persona

全部やったぜ

ペルソナ5をクリアしたのが2016年10月。その後PS Vitaを購入して他のゲームもやりながら細々とシリーズを遡り、8月の夏休みでナンバリングタイトルをすべてクリアした。2年かかった。現時点で市販されているハードでプレイ可能なタイトルなので初代は異聞録じゃないPersonaだし、P2罪罰もリメイクだし、クリアしたといっても周回や別ルートが半端な状況だけど、ひととおり駆け抜けたしまずは良しということにした。俺はやったぜ。

雪の女王編:ヒーホー君とヒホ子ちゃん
サトミタダシ(罰)

ペルソナシリーズはそれぞれに特有の面白さがあってどれが一番かなんて結論を出すのは野暮だけど、「ペルソナ2罪罰をプレイせずにペルソナを語ることなかれ」との言葉どおり、P2罪罰は自身の手でプレイしてよかった。 里見直すげえ。専用ペルソナまじかっけえ。洗脳ソング「サトミタダシ薬局店」こええ。南条君はシリーズを超えて犠牲になったのだ…。

ペルソナ20thフェスパンフ

そして、2016年12月になんとなく行っておかないと後悔するだろうと感じて見に行ったペルソナ20周年フェスのパンフを見返したところ、当時は知る由もなかった過去作の企画、ゲーム/キャラクターデザイン、音楽制作の秘話が満載であった。2年前の俺グッジョブ。

ペルソナ初回特典サントラ

やはり思い入れを抱いたゲームをクリアするとサントラを聴きたくなるもの。ペルソナシリーズは手厚いサポート体制により異聞録からP5までのサントラが派生タイトル含めてほぼAmazon Musicで聴けるのだけど、初代ペルソナのサントラだけは発売当時のパッケージ特典CDしかない。市販されていないものは配信されないので某ルートから適正価格で未開封品を入手した。中ジャケの目黒将司さんによる

このサントラを楽しんで聴いていただくための最も重要なことは、ゲーム本編をじっくりプレイしてペルソナワールドにどっぷり浸かることです。

ぜひ、ゲーム本編をエンディングまでクリアしてみてください。

1回と言わず、何度でも!

というメッセージに目頭が熱くなったところでスリーブからDisc 2を取り出したら金子ヴィシュヌ!あまりのかっこよさに変な声出た。パンフの金子氏インタビューでも「ペルソナを一番表現できたのは女神異聞録のヴィシュヌ」と語っていた。それくらいこのヴィシュヌはかっこいい。金子絵師…もう悪魔描くの飽きたかもしれないけどまた描いて…。

ペルソナ初回特典サントラDisc2

時間がないとか、ハードやソフトを買う余裕がないとか、最後までプレイできる自信がないとか、スマホゲーでじゅうぶんとか、いろいろな理由があると思う。そんな中でゲーム実況を配信する人が増えてきて、それを見て済ませてしまう人が多いのも事実。しかし難易度を下げたり攻略サイトを見ながらでもいい、誰かがやったのを見るだけじゃなく自分で体験して何かを得て欲しい。俺はそう思っている。

ところでメガテン5の進捗どうですか…アトラスさん…聞こえますか…