May 12, 2019

結局セールにかかっていた防水Kindle Paperwhiteは購入した。夏のAmazonプライムデーでもっと安くなるのは承知だが欲しいときが買い時だ。入浴時間を読書に充てて積ん読・積みコミックをどうにかしたい。視力の問題は文字サイズ変更で凌ぐつもりだ。

昼に散髪屋でホームランバーを食べていたら昨日の夕方ゆうパックスマホ割アプリを使って送った荷物が届いたと報せがあった。いままでアプリの存在を知らず、今回初めて使ってみたがとても便利だった。アプリで事前に送り先情報を登録して、郵便局のゆうプリタッチ機にQRコードをかざすと伝票が出てくる。4枚綴りで出力される伝票はどこまで貼ったら良いのかよくわからなかったので切り取らないまま貼付用と明記された1枚目だけ荷物に貼り付けて出したところゆうゆう窓口のお兄さんが手際よく処理してくれた。荷物を窓口に出し、送料が確定した時点でクレジット決済となるため財布を出す必要もなかった。アプリから配送状況も見られるし、局留めもできるし、相手先のメールアドレスがわかっていれば先方に通知が届き受け取り側で日時や場所を再設定できる。アプリのレビューが低評価ばかりでどうなることかと思ったが、よくある「英語表記なのでゴミ」の評価みたいなもので、初動でクレジットカードの入力を求められるせいか拒否反応で感情的になり低評価になっているようだった。支払いはクレジットカードのみと明記しているのにカード支払いしかできないのはおかしいという評価もあった。職員と利用者がお互いの手数を減らして幸せになるために開発しているシステムを、手順も読まず自分の理想どおりの動きをしないからという理由で感情的な評価を下してしまうのはとても残念でならない。

アプリは起動するたびゆうびんID/パスワードの入力を問われるため指紋/顔認証に変えられないか等、まだ改善すべき点はあるが、応援していきたい。