satolog

記録

Oct 25, 2020

春先にコンタクトレンズを変えてから家メガネの度がどんどん合わなくなってきた。東京受胎ももうすぐだし、文字が小さくて難儀する洋ゲーのあれこれも出るし、はっきりくっきり楽しいゲーミングライフを過ごすために1年半ぶりにメガネを新調。気に入るフレームがなければ今まで使っていたのと同じ物にすれば良いだろうとフレーム在庫のある店舗へ行く。店頭で手に取ったウェリントンといままでのオーバルを在庫から出してもらい、比較してグラデーションフレームのウェリントンを購入。お手頃価格でメガネを買えるようになってからは流行のフレームの移り変わりが早くなって、回を重ねるごとにスクエア→オーバル→ウェリントンとレンズがでかくなってきている。追加でブルレック兄弟のSUGATA Oグレーを買うのも良いかも…?となるも、似合ってるんだかそうじゃないんだか難しい線だったため一旦保留。そして検眼したらいままでのメガネは0.3までしか見えていなかったらしい。どうりで疲れると思った。新しいメガネを受け取ったとき、前回はレジ脇のリサイクルボックスに古いメガネを突っ込んで帰宅したが、今回はフレームはボロくなりかけていてもまだ使えるかなと万が一のときの予備用として非常袋に入れておくことにした。

通っているスポーツジムは営業しているものの、感染症対策のための参加条件が自分の生活ペースと合わずリングフィットアドベンチャーで家トレーニングを継続している。アドベンチャー編はラストステージ中。体力は維持できているようだが、脂肪燃焼系の有酸素が足りないのを感じてフィットボクシングを再開してみる。しかし単調なせいか途中でダレるし眠くなるし移動ジャンプは狭い賃貸暮らしに合わないしでどうしようかと思っていたところでリングフィットのカスタムトレーニングメニューを思い出す。有酸素系アドベンチャーコース走破(サイレントモードで)とステップ系のトレーニングを交互に組み合わせて試したところ好感触だった。ゲーム性があると乗れることに気づいたついでにあすけんも始めてみた。あすけんの姐御(未来さんと言うらしい)との毎食バトルにゲーム性を見出し、栄養指導から自分に足りなかったものはカロリー管理ではなく体をつくるための栄養バランスということを知る。プレミアムお試し1週間が終わったところで半年プランに登録し、あすけんの姐御と金の関係になった。こちらもこちらでしばらく栄養バトルを続けてみよう。

フィットボクシングは自分でメニューのカスタムができるらしい続編に期待。