satolog

記録

Jul 5, 2020

寝テレワーク一切なしのフルリモート生活を6月末に終え、7月から通勤生活へ戻った。ブログの更新もままならぬほど納期に追われた3ヶ月だった。新しい生活様式というものに合わせたもろもろが新たな案件として降ってきた結果で、今後も今回の流れといつもの流れのハイブリッド形式になりそうな状況ではあるが、ノウハウは積めたから今後はもう少し楽に進められるのではないかと見立てている。そうじゃないと身がもたない。追われマックス時期は食欲も失せおやつカルパスとレモネードが救いだった。当然箱買いだ。

県の緊急事態宣言が開けた6月から週末だけ街中に出かけて用事を済ませたりドトール行くのを再開し、7月からは映画鑑賞を再開した。ジムはプログラムが時間短縮一律30分・人数制限・予約制でトレーニング本編よりも行くまでの手続に時間がかかる状況だから、いつになるかわからない通常営業の再開まで待つことになりそう。

今週末は『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(なんでこんな邦題にした)と『レイニー・デイ・イン・ニューヨーク』を見た。前者はいまの時代にフィットした脚本だし衣装も素敵だし、隣のじじいがいい人すぎるしリッチな伯母は演技お化けメリルストリープだし盤石じゃんと思いつつ心に響いちゃってもうグレタ・ガーウィグなんなのと思いながら鑑賞。後者はウディじじいお得意の圧倒的字幕量と屁理屈を浴びせられ出てくる人物ほぼクソ、みんなそれぞれいろいろ事情はあるけど結局人間はクソであるという作品は違うこそすれいつものウディ・アレンであり、そういう意味でウディ・アレン作品は天使も悪魔もクソだが一番クソなのは人間と教えてくれる真・女神転生シリーズとおなじなのかもしれない。ウソだが。セレーナ・ゴメスの魅力にいまさら気づいたのが収穫だったな。

ゲームは『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団』をやっとクリア。プレイ時間は57時間ほどで最終バトルは1時間半かかった。アトラスゲーだから2連戦は当たり前と覚悟して臨んだら倍の4連戦で、さすがに途中でPauseをかけてトイレに行った。エピローグはあの時代のアトラスらしくあっさりしたもの。スタッフロールでその後のいろいろを静止画で見せてくれるだけ親切だったかもしれない。というわけで次は続編の『葛葉ライドウ 対 アバドン王』をプレイする予定なものの、超力兵団の不満点を“ゆーざーのご意見”で反映した結果から変更点が多く、操作ボタンの割当まで別物になっていてまた覚えるのがめんどくさいなあと思いながらブログに逃避している。

May 4, 2020

4月上旬に勤務先リモートワークのルールが決まり、当番制でスタート…となるも翌週にはフルリモートになった。しかし、リモートになったらなったで繁忙期と感染症の影響によるもろもろのサポートで業務量が増え、平時より机に貼り付いている時間が増えた。昼休みにスーパーの買い出しや散歩等で気分転換はしているが、もう少しサボる時間を取らないと延々と仕事してしまう。これは良くない。良くないぞ。

ゲーム進捗はP5Sを既にクリアして、PS2に戻り『デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 超力兵団』をプレイ中。既プレイ勢がP5Sはライドウと言っていたが、たしかにアクションがP5Sに似ていて偶然にも良い流れで入り込めた。が、2006年のアトラスゲーにはP5Sのようにアクションが苦手なユーザへのご配慮はない。PS2の操作性の悪さと判定の厳しさでゴリ押しプレイではすぐに行き詰まるから、戦闘中はステータスに気を配りどの仲魔を使役するか、指示をどう出して動くかを数分のアクション内で考えて進めなければならない。頭が疲れて長時間のプレイは難しいので少しずつダラダラと進めている。頭を使うゲームは面白いよね。疲れるけど。ライドウの合間に積み上がってゆく一方のインディーズゲーをチェイサー的にやるのも良いかもナー。

そして1年程まえに購入したPS2用の中華ワイヤレスコントローラが保証切れを迎えた途端に電池まわりの基板がヤレたのか挙動が怪しくなった。おまけに光デジタルケーブルでテレビに繋いでいた同時期購入のBluetoothトランスミッターも途切れるように。さすが謎メーカー、こういうところはしっかりしている。ということですぐやる課は新ガジェットを求めAmazonへ向かうも、現行の中華コンやトランスミッターの後継機は評価が怪しく、安物買いのなんとかになりそうだなとちょっと奮発してDUALSHOCK 4を接続できるコンバータを買った(ヨドバシポイントで)。トランスミッターも後継機がタイムセールにかかっていたが、サクラ評価がなさそうなものを購入。コンバータはPSクラシックでも使えるので、ライドウが終わったら動作確認だけして放置しているPSクラシックを開梱したい。トランスミッターは物流が混雑している都合で届くのは少し先だが、急ぐものでもないので途切れがちな現トランスミッターにキレながら待とうと思う。

Mar 21, 2020

P5Sをプレイ中。あまり目に優しくない絵面とカメラオート移動OFFにしても画面酔いしてしまい腰を据えてプレイできないのが難点。スタート時は攻撃ボタンの組み合わせの多さに混乱したものの、もういいわと開き直って弱点突きのペルソナが必要な強敵以外はドーンドーンと無双らしく物理で叩いて進めている。本編から半年後の夏休みのストーリーということも加味され大人たちへの反逆がテーマの本家P5よりも脚本がキャピキャピ青春満太郎で「お、おう…」となるところも少なくないが、無の心でセリフ送りボタンを押している。双葉のオタク口調がふるいのも気になるけどそこも無の心で…。

ハードコンタクトから使い捨てコンタクトレンズへ移行したことで水回りの小物配置が変わり、細々とやってるうちにあれもこれもとなって洗面・浴室の環境を再構築している。東和産業・山崎実業のアイテムをバカスカと購入。磁着よありがとう。大分前に化粧水のボトルを入れるのにちょうど良いと街の雑貨屋で購入したアルミバットのフォルムと勝手がよいので、それを追加購入して使い捨てコンタクトを入れようと店のサイトにメーカ等のヒントがないかアクセスしたら息子さんが巣立ったのを機にリタイアするとのことで年始に閉店していた。それなら自力で調べるわと大好きなインターネットに飛び込み15分、トラスコ中山の標準アルミバットだとわかった。そういえばあの店トラスコたくさんあったわ…トラスコ中山はいつでも最高。

Mar 14, 2020

木曜に仕事の隙を突いて朝から運転免許証の更新。状勢のせいか人が少なく、教習所を卒業してすぐ来ました風な高校生も少なかった。運転免許センターの場末ぶりと設備の古さに気が滅入りそうになるが10時前に終了。

無事更新を終え、前回のコンタクト買い換えから目の調子が芳しくないためGoogleプレイスで事前調査していた眼科へ。レンズの調子が合わないのかと思っていたら、長年のハードコンタクト使用でレンズが当たる黒目のきわに傷ができ、さらに加齢により傷からタンパクが出てレンズが汚れるという。加齢が原因…聞き慣れた言葉にショックはなく「まあそうですよね〜」と椅子を左右に振りながらヘラヘラ答える。大きな傷ではないので治療用の目薬をさしながらハードを使い続ける人もいるが、シャープな視界と乱視矯正にこだわらなければ当たりの柔らかいソフトへ移行する人も多いということで使い捨ての1Dayへ。サンプルを1日装用して手元の小さな字は乱視でブレがあるものの問題無さそうだったのでしばらく使い続けてみることにする。

勤務先のある街中より自宅に近いターミナル駅周辺が面白くなってきて、今回もターミナル駅にあるクリニックを選んだら大当たりだった。リモートワークをする環境も整えたし、用事を済ます場所が街中から遠ざかりはじめている。

Mar 5, 2020

十三機兵防衛圏をクリア。アトラス×ヴァニラウェアのタイトルだしヴィジュアルやPVを見てはは〜ん、ジュブナイルものですね!と始めたら壮大なハードSFだった。どさっと広げられたバラバラのエピソードがエンディングへ向けて集められていき、涙腺をついてくる演出とアフターサポート満点のエンディングで優勝です。このすっげえ脚本考えたの誰よォ〜いやヴァニラウェアのシナリオライターなんだけど誰よォ〜とクソデカ感情でコントローラを置いた。最初はあの子いいねえから始まり、最終的には全キャラを愛していた。もう機兵すらかわいい。みんな幸せになってくれ。あの曲入ってるからサントラも買ったよ!

追想編のシナリオはもちろん、崩壊編の戦闘パートも戦術や出撃メンバー構成を考えるのが楽しくて体感ではあっという間の戦闘も1戦15〜30分を要する時間泥棒だった。戦闘は最後の防衛より1つ前のWAVE3-10のほうが難しくて、まだここだけS判定が取れていない。作品の感想を述べようとするとほぼネタバレになってしまいそうで焼きそばパンと崩壊編の戦術くらいしか語れないのがはがゆいが、十三機兵はいいぞ…みんなやってくれ…。私はこれから十三機兵のオタクの熱量高いキャラ/ストーリー解説を掘るね…。


GoogleがGoogle Homeのときと同じく量販店向けのキャンペーンを打ちGoogle Nest Miniが月内45%OFFということで、すぐやる課はヨドバシへ走った。しかし十三機兵が盛り上がっていて封も開けず数日机に放置したままだ。週末に入れ替えと設定をしたい。