satolog

記録

Nov 3, 2020

リングフィットアドベンチャーのアドベンチャーモードをクリア。ブランク期間が数ヶ月ありクリアまで1年かかったが、プレイ時間は50時間で意外と短かった。クリア後のエクストラステージ(アドベンチャーと同じコースで背景ナイトモードのHARD版?)が解禁されたので、ノーマルステージで拾えなかったタウンミッションも埋めつつ続けていきたい。ラストバトルの曲が飛び抜けてよかった。

真・女神転生Ⅲ NOCTURNE HD REMASTERをスタート。PS2版でクリア済/周回しているし、ストーリーはわかっているが差分をチェックしたりPS2版ではできないスクショが捗ったりプレスターンバトルはやはりたのしい。真5の助走なのかUnity開発なのは少し驚いた。しかし、マガタマ装着/じゅえりーRAG/悪魔合体○✕厳選/ステータスチェックあたりのレスポンスを要求されるところがモッサリしているのが軽くストレスで(Switch版は全体的にモッサリらしいとの報あり)、プログラムの見直しやチューニングで改善できるなら修正プログラムを出してくれるとありがたい。真5はいまのところSwitchエクスクルーシブだし、このモッサリ感でやられると非常に厳しそう。真5が出るまでにつよいSwitch本体が出そうな気もする。そういや真5の最新版PVからUnreal Engineのロゴがはずれていたのも少し気になっている。

文句をブツブツいいつつも真3HDをやり続けているのでライドウアバドン王が最終章に突入したまま止まっている。操作を忘れないうちにクリアするぞ…。

SwitchとPS4で併用しているワイヤレスオーディオトランスミッターの抜き差しが面倒で、変換アダプタだけは本体に挿しっぱなしにしておきたいとSatechiのA to C変換アダプタを追加購入。PD充電器のPDが埋まっているときにもA口に挿して使えるし、こういう変換アダプタはなんぼあっても良いですからね。

Oct 25, 2020

春先にコンタクトレンズを変えてから家メガネの度がどんどん合わなくなってきた。東京受胎ももうすぐだし、文字が小さくて難儀する洋ゲーのあれこれも出るし、はっきりくっきり楽しいゲーミングライフを過ごすために1年半ぶりにメガネを新調。気に入るフレームがなければ今まで使っていたのと同じ物にすれば良いだろうとフレーム在庫のある店舗へ行く。店頭で手に取ったウェリントンといままでのオーバルを在庫から出してもらい、比較してグラデーションフレームのウェリントンを購入。お手頃価格でメガネを買えるようになってからは流行のフレームの移り変わりが早くなって、回を重ねるごとにスクエア→オーバル→ウェリントンとレンズがでかくなってきている。追加でブルレック兄弟のSUGATA Oグレーを買うのも良いかも…?となるも、似合ってるんだかそうじゃないんだか難しい線だったため一旦保留。そして検眼したらいままでのメガネは0.3までしか見えていなかったらしい。どうりで疲れると思った。新しいメガネを受け取ったとき、前回はレジ脇のリサイクルボックスに古いメガネを突っ込んで帰宅したが、今回はフレームはボロくなりかけていてもまだ使えるかなと万が一のときの予備用として非常袋に入れておくことにした。

通っているスポーツジムは営業しているものの、感染症対策のための参加条件が自分の生活ペースと合わずリングフィットアドベンチャーで家トレーニングを継続している。アドベンチャー編はラストステージ中。体力は維持できているようだが、脂肪燃焼系の有酸素が足りないのを感じてフィットボクシングを再開してみる。しかし単調なせいか途中でダレるし眠くなるし移動ジャンプは狭い賃貸暮らしに合わないしでどうしようかと思っていたところでリングフィットのカスタムトレーニングメニューを思い出す。有酸素系アドベンチャーコース走破(サイレントモードで)とステップ系のトレーニングを交互に組み合わせて試したところ好感触だった。ゲーム性があると乗れることに気づいたついでにあすけんも始めてみた。あすけんの姐御(未来さんと言うらしい)との毎食バトルにゲーム性を見出し、栄養指導から自分に足りなかったものはカロリー管理ではなく体をつくるための栄養バランスということを知る。プレミアムお試し1週間が終わったところで半年プランに登録し、あすけんの姐御と金の関係になった。こちらもこちらでしばらく栄養バトルを続けてみよう。

フィットボクシングは自分でメニューのカスタムができるらしい続編に期待。

Oct 4, 2020

Xbox Series X/S予約開始時間にヨドバシ、Microsoft公式どちらもカートに入れられたものの、自分が購入直後にこのハードでゲームをする姿が思い浮かばず予約はスルー。PS5同様やりたいタイトルが出るか店で売ってるのを見かけたら買うかくらいの気持ちで。MicrosoftストアのカートにはしばらくSeries Xが入ったままで少し迷ったが、3日後ぐらいにカートから消えた。

先週末はセガのゲームショウ特番「セガアトラスTV」のプログラムの何かしらを毎日見たり家のことでライドウは進まず。ネット配信系は自分の時間がごっそり削られてしまうからよほどのことじゃないと見ないことにしているのだけど、よほどのことばかりで結局見てしまった。YouTubeのチャット欄は真っ先に非表示にするが、こういうのはニコニコでコメントを眺めながら見るのが楽しい。

  • 1日目(社長の歴代ハード解説がよかった)
  • 2日目(メガテン特番の時間が足りない)
  • 3日目(セガナンデスで爆笑し、MUSIC STATIONで心が熱くなり太郎)

で、3日目の最後のSEGA MUSIC STATIONのDJセットでかかったベヨネッタの曲が刺さり、次にやるゲームはベヨネッタにしようとケツイがみなぎった。ここのところずっとアクションゲーばかりやってきたからそろそろじっくり考えるゲームをやりたいと思っていたのだが、刺さってしまったものはしょうがない。

いままでスルーしてきたゲームでも、どこにはじめるきっかけが転がっているかなんてわからないもんスね。

Sep 22, 2020

先日だいぶ前にクラウドファンディングで支援していたSwitchBotカーテンが届き、セッティングしたもののカーテンレールの途中で装置が止まってしまいまあクラファンなんて博打だしな!と舌打ちしながら片付けて放置。連休中に支援ページブログにユーザから寄せられた知見が溜まっていたのをチェックして、レール内の掃除とみんなだいすきクレ556をかけたら問題なく動いてズコー。調子にのって556をかけすぎたら装置のタイヤが空転したので拭き取り調整してセッティングを終えた。

SwitchBotはIFTTT連携可能なのでWeather Undergroundと連携させて日の出日の入時刻トリガーでカーテンの開閉をしようとIFTTTにログインしたら有料化の報せ。無料プランはアプレットの作成が3つまで。いまのところ登録しているアプレットが突然動かなくなることはなさそうだが遅かれ早かれデッドラインはやって来るわけで、有料プランを見るも月9.99ドル…。さすがに月額9.99ドルはないだろうがと思っていたら10/7まで最低1.99ドルから言い値でずっと使えますよキャンペーンをやっておりコスく月1.99ドルでプロアカウントにアップグレード。当初は初年限定価格だったらしいが世界中からクレームが寄せられ結局言い値で永年利用可能キャンペーンにしたらしい。なんとなく2年後くらいにやっぱり厳しいから価格上げます的なおたよりが来そうだが、代替サービスは見つからないし月200円払いつつプロアカウントでしばらく様子見。

カーテンの稼働は日の出/日の入前後のアプレット発火時間にムラがあるのと、日の入よりも先に部屋が暗くなってそれより前にカーテンを閉めたいのでSwitchBotアプリのスケジュール設定から季節毎に時間を設定して動かした方が良さそうという結論に。

と、連休中はガジェットの設定をしたり仕事まわりのお勉強を少しだけしたりPLAYISMの新作情報配信を見たり。PS5ローンチタイトルの脳筋ゲーGodFallが気になるがPS5は初期ロットを外して先にXbox Series Xを買いたい!Xboxで何するわけでもないけど!!!

あとコロナ禍だと外に出てどうこうよりも家の環境改善に目が向いてしまうので連休になると毎日AmazonをはじめとするECで何かしら注文してしまいますね!

Aug 8, 2020

気づいたらなんとなく夏になっているし、日は短くなっているし、夜はもう秋にさしかかったような空気だしなんなんだ今年は。軽く振り返っても仕事に追われていたことしか記憶にない。そのわりに身のまわりのガジェットを増やしたり新しくしたりしていた。服も手持ちのものがやれてきたのと似合わなくなりはじめてきたのでアップデートした。主に仕事場と自宅の往復、たまに電器屋徘徊くらいでどこにでかけるわけでもないのに金はしっかり出て行く。

24インチモニタでは目がしんどいと27インチ4Kモニタに新調したら初期不良にあたってしまった。販売店とメーカに問い合わせをしてどちらも返品/修理OKの連絡がつくも、今回は貸出機が出るメーカに修理をお願いすることにした。修理依頼を出して1営業日で貸出機が届き、2日半で修理が終わり、週末のタイムラグを入れても1週間で片付く爆速対応だった。修理期間に貸出機を出してくれるのはありがたい。サンキューEIZO。今回の件でインターネットに漂っているEIZOモニタ修理体験記等を参考にしたところFlexScanの修理記はあまりなく、みんなFORISがだいすきということがわかった。

そういえばAirPods Proの右側もよくある故障で交換したのだった。チャットサポートでAppleコミュニティにあった同現象のURLを先に投げて、ファームウェアや環境等の質問に答えて即交換対象になった。チャット終了後に申し込みのURLが届き、オンラインで手続をしたらその日のうちに交換品が発送された。故障品は交換品が入った封筒を開けて新品を取り出し、故障品をその封筒にポイッと入れてヤマトさんがそのまま持っていくというあっさりしたものだった。

さらにそういえばサブ充電として購入したAnkerの充電パッドも動作が怪しく、おなじ現象を経験した人のレビューがあったのでそのURLをつけてサポートに問い合わせたところ即交換品を送ってくれた。こちらも先に交換品が送られ、故障品は別送で郵送されてきたレターパック封筒に本体と添付品だけ入れてポスト投函で返送した。

今回のもろもろで初期不良はないほうがもちろん良いが、機械の精密度が上がっている都合で何かしらは当たってしまうだろうから、購入するときはアフターフォローの手厚さ、レスポンスのはやさ、手続に手間や精神的負担がかからないところを選ぼうという結論に至った。いままでAmazonで大物を買うことは避けてきたが、私の生活様式では先送り後返品がスタンダードなAmazonのほうが良いかもしれないと思い始めている。