Underwear

パッケージだったらMXPが最強なのだけども

冬のアンダーウェアとして無印のぬくもりインナーを愛用していたのだけど、山岳ガイドが冬にヒートテックを使わない理由のとおり、無印のぬくもりシリーズもレーヨン混の素材。私は冬でもちょっと歩いてから店に入るとすぐ背中に汗が流れるし、ジムの帰りも汗が冷えて寒いのでジオラインを試すことにしました。

ジオラインはライトウエイト、ミドルウエイト、エクスペディションの3種類があり、ライトウエイトのキャミソールを購入(ノースリーブ系はライトウエイトしかない)。薄手で無印のぬくもりインナーほど安心感はないし、暖かさもそんなに変わらない気がするものの、噂どおり汗ぬれからのリカバリが早い。濡れているときはそれなりに寒いけど汗抜けが良いので乾くまでなんとか耐えられます。

で、それからなんだか楽しくなってきて、ゴールドウインでもMXPからウォームシリーズが出ていたなあ比較したいなあと思い身銭を切ってタンクトップを購入。こちらはやわらか素材で着心地がよく丈も長め。しかしジムの帰り道で汗が乾かなくて寒いわ、さらに濡れたところが身体に貼り付いて気持ち悪いわで、早く帰ってこれを脱ぎ捨てたいという気持ちしかありませんでした。QUICK DRYって書いてあるのに…!

と、いうわけで

  • 汗をかく習慣がなく着心地とぬくもり感だけを求めたい場合は
    MXP ≒ 無印ぬくもり > ZEO-LINE(ライトウエイト)
  • 私のように身体を動かしたり屋内に入るとすぐ汗をかく場合は
    ZEO-LINE(ライトウエイト) > 無印ぬくもり
    ※汗かきにMXPウォームシリーズはおすすめしません…。

という結果に。私はユニクロを着ないのでヒートテックはよくわかりません。

なお、ジオラインのキャミを買ったときに家用にとミドルウエイトのロングUネックも買ったのですが、こちらは袖を通したそばから暖かさを実感できたので普段着のインナーとしても一着欲しいです。ミドルウエイトあたたかいよ。

(MXPは家でじっとしている日に着ようと思います…)