Grippy

Freeとは相性がいいらしい

AirMax 2014の哀しみから3週間、Free TR 4 iDが届きまして。

Freeは今まで3足履き潰しているし取り立ててどうこうというのは無いのですが、TR 4は完全にトレーニング用シューズだねぇというのが感想。ソールは縦横斜め8方向の切れ込みと滑り止めの溝が入った堅め仕様で、Free Runのクッションソールをマス目に切ったそれとは明らかに違う。ジャンプをして片足で着地&静止、というような各方向に負荷をかける動きも安心して行えます。スベラーズ!Free TR 4スベラーズ!

で、前回のiDデザインで感じたのは原色系はモニタと実物の色がほぼ同じなのにグレーやナイトファクター等の中間色系はモニタでは濃く表示されてしまうということ。これはデフォルトで表示される画像が縮小画像のため中間色だと色が潰れてしまうのが原因らしく、画像拡大をかけるとものによってはほぼ実物の色が出ます(ダークグレーはあまり変わらないかも)。今回は拡大画像を確認してからオーダーしたので画像と実物の差はあまりありませんでした。ただ、結構派手にしたつもりがきれいにまとまってしまったので、もっと頭の悪そうなカラーリングにすれば良かったかもしれない。

ナイキはいろいろ面白みはあるのだけど巷で言われているとおり耐久性についてのイマイチ感は否めないところがあって、デザインやカラーリングを楽しむよりもダサさ上等で耐久性を求めるならミズノやAVIAあたりのフィットネス向けシューズの方が良いんだろうなあ、と思います(思ってるだけですが)。