Parklife

宮城県美術館で開催中のヴェネツィア展を見た帰り道、西公園を覗くと野良猫たちが日光浴していたのでひとしきり戯れてきました。警戒心の強い猫ばかりでしたが、どの世界にもフレンドリーな奴はいるもので、近づいてきた数匹をチョイチョイと。
来週から花見客もぼちぼち増え始めるでしょうし、しばらくは彼らも慌ただしくなるでしょう。

その他はFlickrへ。

肝心のヴェネツィア展はというと、美しい絵画や調度品よりもわずかに展示されていた司法用具や生活品の方が興味深く、気取ったポーズを決めたおっさんやふくよかなご婦人の肖像画は軽く見るだけで良いかという姿勢で鑑賞していたらスルスル進んでしまい30分弱で終了。ここしばらく眼精疲労が続いていて展示品脇の説明テキストを読むのが億劫になってしまったので、次回は音声ガイドを借りてみるのも面白いかもしれません。